d-bodhi

ビカーサで取り扱っているD-bodhの家具

d-bodhi


【D-bodhi】(ディーボディ)社は、インドネシアはジャワ島中部のジョグジャカルタ市にある、古材のチーク材を利用した「古材チーク専門家具メーカー」です。
2000年に、デザイナーのレイモンド ディーヴィッズ氏(オランダ人)が 、「SAVE NATURE」(自然の保存)・「NO WASTE」(無駄にしない)・「SAVE EMPLOY」(雇用の保存)といったことをコンセプトに、設立されました。

ビカーサで取り扱っているD-bodhの家具の詳細はこちらから


 

 

 

 

d-bodhi

【D-bodhi】(ディーボディ)の家具は、脚や引き出しなどのフレームにアイアン(鉄)を使用しているのが特徴の、インテリアライフスタイルブランドです。
インドネシアで、古くから人々に使用されていた、ベンチや家の扉 ・梁、吊橋に使用されていた古材(チーク材)や、線路の下に敷かれた枕木などのチーク材を利用し、職人により、リサイクルされた家具を作製しています。
手作りで作られた様々な家具は、古材を使用しているため、表面は凹凸感があり、お洒落で個性的なデザインです。
自然環境保護やエコロジーを意識し、デザインされた【D-bodhi】(ディーボディ)の家具は、世界中で注目されており、特にヨーロッパで好評な家具メーカーです。

 

【D-bodhi】(ディーボディ)の家具は、40〜50年前のボートウッドや古材から、取り出されたチーク材そのものを活かして使用し、塗装をしないで仕上げています。
リサイクル資材を、ひとつひとつ手作業で加工しているので、風合い・色あいなどが異なり全く同じ商品を見つけることは難しいでしょう。

リンク集